• ふぃっとねす工房 ひらき

筋肥大に必要なストレスと軌道分析

こんにちは。

ふぃっとねす工房の平木です😊


今日は筋肉を増やすトレーニングで忘れてはいけないことのお話。

ではどうぞ🙇🏻‍♂️


筋損傷からの回復反応ではなく、ストレスへの応答反応で筋肉は肥大します。

筋肉痛になることで筋肥大するわけではありません。

そのストレスとは主に以下の3つ。

①大きな力学的ストレス

②無酸素性代謝産物の蓄積

③低酸素状態化

※①は高重量ではありません


これら3つのストレスのどれか、または複数を獲得するために「Time Under Tension(以下TUT)」が重要となります。

ここで、このTUTを「1セット当たりの時間」ではなく、「同じモーターユニットを動員させ続けた時間」と定義します。

そのTUTを延ばすことが、トレーニングのボリュームを増やすことに繋がります。



しかし、トレーニングのボリュームを増やすだけで3つのストレスを獲得できるわけではありません。


そこで「軌道」が重要となります。



養成カリキュラムのメインプログラムコースでは、軽視されがちな軌道の重要性も学べます。

トレーナーなどの専門家だけでなく、自主練のプログラムを自己管理したいトレーニーにも最適です。


筋肉と筋力を肥大させるトレーナーはこちら💁🏻‍♂️

カウンセリングやパーソナルセッション、養成カリキュラムなど、お気軽にお問い合わせください🙋🏻‍♂️