• ふぃっとねす工房 ひらき

筋肥大における強度管理

こんばんは🌙

ふぃっとねす工房の平木です。

本日はトレーニングプログラムで重要な要素である【強度】について。


トレーニングの目的によって強度の管理法は変わります。


最大挙上重量を更新したい場合は、神経系の適応が必要となります。

神経系の適応は、【高重量】による刺激が不可欠です。

一般的にも「強度と重量はほぼ同義」と捉えています


では、筋肥大を目的とした場合も「強度と重量はほぼ同義」でしょうか?


強度の数値化含めたものを1分クッキング💁🏻‍♂️



パーソナルトレーニング - トレーナー向けカリキュラム - ダイエット - ボディビルディング - 機能改善 - フィットネス - アスリート

© 2018 パーソナルトレーニングジム《ふぃっとねす工房》