top of page

トレーニングの目的は人それぞれ、の一歩先

トレーニングをする目的は人それぞれです。


減量、機能改善、アスリートのパフォーマンスアップ、健康維持など十人十色。

一人ひとり目的は違いますし、違って当然です。


パーソナルトレーナーはそうした様々な目的のクライアントに対し、目的達成のサポートをするため勉強をしています。


しかし「トレーニングをする目的は人それぞれ」で思考停止していませんか?


パーソナルトレーニング

ここを突き詰めることで、指導者として学ぶべきものが明確になるかもしれません。

今日はそんなトレーニングの目的を追求していきます。

 

目的と目標

目的:ゴール

目標:目的までの標、通過点

目的は「痩せたい」のように比較的抽象的なものです。

一方目標は「痩せたい」という目的に対し「どれくらい痩せたい」のように具体的なものです。

トレーニングの目的

加齢と老化は別

過負荷(オーバーロード)の原理

人生100年時代

トレーニングをする目的は人それぞれの一歩先

単なる筋トレ屋としてパーソナルトレーナー活動ができた時代はすでに終わっています。人生100年時代といわれる令和には、クライアントの100歳までを想定したパーソナルトレーニングを提供できる指導者が必要です。


単なる筋トレ屋はきっかけでしかありません。そこから幅広く知識を吸収し経験を積むことでオンリーワンのパーソナルトレーナーになることができます。


クライアントに100歳までパーソナル契約してもらえるよう日々勉強していきませんか?

私はそういう想いで個人指導をしてきて、まだ道半ばの18年。

これからも日々精進ですね。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。


このブログではフィットネス関連の記事を投稿しています。

それでは次回の投稿をお楽しみに。


内容のコピペはご遠慮ください。

ご自身の言葉に変換してご自由にご利用ください。

その際、参照元としてリンクしていただけますと素直に喜びます。


SNSのフォローもよろしくお願いいたします。


Comments


Commenting has been turned off.
bottom of page